印刷範囲
全体プリント
本文プリント

重金属吸着剤(カテナチオAB)

Page Index :

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売

自然由来重金属等含有土処理用吸着剤

カテナチオABは優れた性能をもつ無機系吸着剤です。自然由来汚染土等の処理工法である吸着層法に使用する材料で、ヒ素、フッ素、鉛、ホウ素、六価セレンを含有する汚染土壌処理用の吸着剤として使用頂くことができます。
本製品は早稲田大学、(株)AZMECが共同開発した技術を応用したもので、化学工学会において数回に亘り学会発表を行っております。(化学工学会第44回秋季大会2012年9月等)本製品は最近では自然由来汚染土処理用の吸着層用吸着剤として公共事業での採用実績が増加しています。

こんな用途におすすめです

工事分類

  • 環境保全

課題・対策

  • 仮置場除染

  • ご注文窓口はこちらをご覧ください
  • 各種お問い合わせはこちらをご覧ください
  • カタログはこちらからご請求ください

特長

4種の異なる対応の吸着剤製品を保有しています。様々な自然由来汚染土壌を経済的に処理することができます。水処理技術を応用した信頼性の高いオーソドックスなメカニズムにより有害物質を処理する方法を採用しています。

  • カテナチオAB
    自然由来汚染度のヒ素に対して高い吸着性能(2~3mgAs/g)を示します。最も一般的な吸着剤製品です。
  • カテナチオAS-L
    処理が難しい6価セレンの処理に有効です。その他ヒ素、ホウ素、フッ素等の有害物質の処理に用いることができます。
  • カテナチオAS-e
    ヒ素、ホウ素、フッ素、セレン等を含む複合汚染土処理のための吸着剤として優れた効果を持っています。
  • カテナチオAS-c
    水銀、鉛等を含む汚染土の処理に有効です。

使用方法

母材(透水係数10-3~10-4cm/Sの細粒土)に1㎤あたり30~100kgの吸着剤を十分配合したあと、原地盤の上に敷ならし・転圧して吸着層を設置します。この吸着層の代表的な施工法としては以下の2種があります。吸着剤配合の均一性は施工後、吸着試験により確認を行います。

  1. 自走敷土質改良機で母材と吸着剤を混合→原地盤に敷ならし・転圧
  2. 母材を原地盤に敷ならし→吸着剤の散布→スタビライザー等による混合・転圧

当社製品は、粒径範囲100~2000μmのドライな粉体製品であるため、機械施工による混合作業が容易で、作業に伴う粉塵発生が少ない特徴を持っています。

お気軽にお問い合わせください。

電話03-6369-2224

お問い合わせフォーム

カタログ

ネット・シート

鉄骨建方資材

仮囲い

ゲート

防音パネル

支保工

ユニットハウス・トイレ

環境土木資材

その他

自動ラップ式トイレ

条件から探す

  • ご注文窓口はこちらをご覧ください
  • 各種お問い合わせはこちらをご覧ください
  • カタログはこちらからご請求ください
ページの先頭へ