仮設資材とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の事業の柱となっているのが”仮設資材”のレンタルです。

”仮設資材”という言葉は、一般の方にはあまり馴染みのないものだと思います。一般の方が日常生活の中でもっとも見かける仮設資材は、現場を囲うフェンスや、住宅、ビルの建築途中に建物を覆っているシートやネットだと思います。

実は、それら以外にも工事現場では、多種多様の仮設資材が使われています。仮設資材の主な役割は、工事現場の内外を危険から守ることです。工事現場で「安全第一」という文字をよく見かけると思います。その工事現場の安全を守るために大きな役割を担っているもののひとつが仮設資材なのです。また、その他にも作業の効率化や作業負担の軽減、工事現場の景観対策なども仮設資材の役割としてあげられます。

戸建住宅やビルの建設、駅や空港、橋の建設、道路工事等々、仮設資材を使っていない工事現場はないといっても過言ではありません。仮設資材の特徴として言えるものがもうひとつあります。しかし、それは、工事の完成を迎えた時点で仮設資材は残っていないということです。確かに少し寂しい気もします。無事に工事が完成を迎える・・・。街がつくられていく・・・。その陰で少しでもお役にたてること。実はそれが私たちの喜びでもあり誇りでもあるのです。

  • ご注文窓口はこちらをご覧ください
  • 各種お問い合わせはこちらをご覧ください
  • カタログはこちらからご請求ください
ページの先頭へ