印刷範囲
全体プリント
本文プリント

折板屋根作業用安全支持器具(ルーフキャッチャー)

    レンタル

    販売

    新商品

    ルーフキャッチャーは折板屋根上での作業時に使用する安全支持器具です。丸ハゼ、角ハゼ、重ね式など様々なタイプの折板屋根に取付けが可能です。用途も歩み板や手すり、荷上げ架台などお客様の用途に合わせて使用いただけます。

    特許取得

    こんな用途におすすめです

    工事分類

    • 鉄骨工事

    • 足場工事

    • 躯体・PC工事

    • 改修工事

    • 駅工事

    課題・対策

    • 電話でのご注文やご相談
    • ウェブからのご質問やご相談
    • カタログの郵送を依頼する

    特長

    様々の折板屋根に設置可能

    丸ハゼ、角ハゼ、重ね式、様々なタイプの折板屋根に取り付けることができます。コンクリートスラブでもアンカーボルトを使用することで設置が可能です。

    屋根面の負荷が少ない

    ハゼ金具で挟み込んで固定するため、屋根面への負荷が少なく、取付けはインパクトレンチで簡単に設置できます。

    屋根方向に合わせて2タイプ

    正面用と側面用の2タイプがあります。屋根方向、用途に合わせてご使用いただけます。

    紹介動画

    約2分の動画です。

    取付け手順

    ハゼ式折板屋根(足場の支持)

    画像のALT

    ①設置個所へ仮置きをする。(ハゼ取付金具のナットを緩めておく)


    画像のALT

    ②ハゼ取付金具を屋根ハゼ部にセットする。


    画像のALT

    ③ハゼ取付金具のナットを締め固定する。


    画像のALT

    ④本製品にクランプと単管パイプを仮止めする。


    画像のALT

    ⑤クランプのナットを締めつけ固定する。


    画像のALT

    ⑥足場にクランプと単管パイプを仮止めする。


    画像のALT

    ⑦クランプのナットを締めつけ固定する。


    画像のALT

    ⑧設置完了。
    ※施工後に各部のネジのゆるみが無いかご確認ください。
    ※取外し手順は取付け手順の逆になります。


    重ね式折板屋根(足場の支持)

    画像のALT

    ①設置場所のボルトナットを取り外す。


    画像のALT

    ②パッキンのみを剣先ボルトに残す。(止水対策)


    画像のALT

    ③本製品を仮置きする。


    画像のALT

    ④取外したボルトナットを仮止めする。


    画像のALT

    ⑤ナットを締めつけ固定する。


    画像のALT

    移行は、上記ハゼ式折板屋根取付け手順④~⑧を参照ください。
    ※施工部に各部ネジのゆるみがないかご確認ください。
    ※取外し手順は取付け手順の逆になります。
    ※本製品取外し後、パッキン材は新しいものに変更することを推奨します。


    各部の名称


    寸法図

    正面用(本体重量9.6㎏)

    側面用(本体重量9.6㎏)

    使用方向


    ご使用前の点検

    使用前には、必ず下記の点検を行い、異常の無いことを確認してください。また、異常があったときは使用しないでください。

    1. 曲がり・ねじれ・へこみはありませんか。ある場合は絶対に使用しないでください。
    2. 各部の接合部に破損・亀裂・変形・著しい腐食はありませんか。ある場合は絶対に使用しないでください。
    3. ダブルリング・小判型チェーンが外れていませんか。外れている場合は絶対に使用しないでください。
    4. 支柱がスムーズに回転できますか。スムーズに回転できないときは、ごみなどの噛みこみがないか点検し、あれば除いてください。
    5. 留め具のゆるみやガタツキはありませんか。ガタツキがある場合ははずれが考えられますので、絶対に使用しないでください。

    使用条件

    設置可能ハゼ式折板屋根形状及び屋根材メーカー

    ・対応メーカー
    稲垣商事株式会社、片山鉄建株式会社、株式会社協和、三晃金属株式会社、株式会社セキノ興産、月星商事株式会社、日鉄住金鋼板株式会社、ビルトマテリアル株式会社、株式会社淀川製鋼所
    ・対応サイズ
    @250、@300、@333、@364、@418、@455、@500、@550、@600、@650(㎜)
    ※丸ハゼ、角ハゼともに設置可能です

    ハゼ締めタイプ(設置できる)

    ハゼ締め2重葺きタイプ(設置できる)

    設置できるハゼ締めの種類

    使用できるハゼ間ピッチ

    設置可能かさね式折板(ボルトタイプ)屋根形状及び屋根材メーカー

    ・対応メーカー
    稲垣商事株式会社、片山鉄建株式会社、株式会社協和、三晃金属株式会社、株式会社セキノ興産、月星商事株式会社、日鉄住金鋼板株式会社、ビルトマテリアル株式会社、株式会社淀川製鋼所
    ・対応サイズ
    @200、@250、@275、@300(㎜)
    ※丸ハゼ、角ハゼともに設置可能です

    重ねタイプ(設置できる)

    使用できるボルトピッチ

    1. なお、かさね式折板(ボルトタイプ)に設置する場合は、設置済みタイトフレームのナットセットからパッキン材のみを剣先に残しルーフキャッチャーを設置後、ナットを締めつけてください。
    2. ルーフキャッチャー撤去後使用したパッキン材は新しいものに変更することを推奨します。
    3. ルーフキャッチャー本体の設置面(取付面)の強度については、当社責任の範囲外となります。強度確認の上ご使用ください。
      ※参考値:ハゼ取付け金具1カ所あたり引張許容荷重4.99kN
    4. キズやへこみ、錆による腐食など、強度の劣化が見込まれる金属折板屋根及びコンクリート面には設置することはできません。
    5. ハゼ式折板屋根に設置する場合、ハゼ締めが未完了のときは使用しないでください。
    6. 薬品や蒸気などが絶えず噴出している場所に関しては、腐食や劣化状況の確認をして適切な対応(交換など)を行ってください。

    コンクリートスラブ(設置できる)

    嵌合(かんごう)タイプ(設置できない)

    よくある質問

    取り扱い機材センター

    カタログ

    ネット・シート

    鉄骨建方資材

    仮囲い

    ゲート

    防音パネル

    支保工

    ユニット・パネルハウス

    快適(仮設)トイレ

    自動ラップ式トイレ

    環境土木資材

    荷役資材

    その他

    条件から探す

    • 電話でのご注文やご相談
    • 商品についてのご質問やご相談
    • カタログの郵送を依頼する
    ページの先頭へ